事務局メンバー 橋本

橋本(須田) 直子 Naoko Suda-Hashimoto

現在、京都大学霊長類研究所に技術職員として勤務。帯広畜産大学修士(農学)。

在学中は野生動物管理学研究室に所属し、動物園飼育下の大型ネコ科(ヒョウ・ユキヒョウ)の福祉向上をテーマに研究していました。現在は霊長類研究所でおもにニホンザルやアカゲザルといったマカク類の飼育管理ならびに施設管理を担当しています。飼育の現場で日々サルと接しながら、動物たちが何を必要としていて自分たちには何ができるのか考えています。エンリッチメントへの取り組みは困難なことも多いですが発見も多く楽しいです。

【これまでの主な研究や取り組み】

・ 飼育下のヒョウおよびユキヒョウにおける環境エンリッチメントの評価(行動時間配分と空間利用から)

・ 飼育下フサオマキザルにおけるコントラフリーローディングの検証

【現在おこなっている主な取り組み】

飼育霊長類を対象に、さまざまな飼育環境向上の工夫をおこなっています。

たとえば...

・ 群れ飼育の推進

・ フィーダーなどを用いた採食行動の多様化や時間配分延長

・ 利用可能空間の拡大や遊具導入による運動機能向上

・ 正の強化トレーニングを用いた福祉向上の取り組み

Scroll to top