事務局メンバー 三家

三家 詩織 Shiori Mitsuya

 

京都大学野生動物研究センター・教務補佐員

 

京都市動物園で、行動研究や解析のお手伝いをしつつ、人工哺育で育てられ、現在は母親と暮らしているニシゴリラ【ゲンタロウ】の発達と、再形成された親子の関係性の変化などについて研究をおこなっています。

もともとは自分や友人達が飼っていた、犬や猫や鳥やウサギなど…コンパニオンアニマル(愛玩動物)について、『幸せ』に生きてくれたら良いなとは思いつつも、彼らは何をどういうふうに感じているのだろう、楽しい事、つらい事は私たちと違っているのではないだろうか?と疑問に思って、動物の幸せな暮らしを考える動物福祉研究に関わるようになりました。

大学院から対象を野生動物、特に霊長類に絞って、日々の暮らしがより豊かなものになるような飼育環境、管理法等を検討するような研究を続けてきましたが、これからは、例えば人工哺育で育てられた個体など、飼育下独特の生育歴を持つ個体について、野生動物種としての特性だけでなく、生きてきた道筋も考慮に入れるような福祉研究に取り組んでいきたいと考えています。

 

【主な研究】

リスザル

・飼育環境がリスザル(Saimiri sp.)の行動に与える影響について

フサオマキザル

・動物園飼育下のフサオマキザル一群を対象に、内部構造や給餌条件といった飼育環境の変化が各個体の行動へ及ぼす影響について

Scroll to top