混合飼育

【Species-mixed housing】

野生環境において生息域が重なる種同士や類似した生態環境に生息する種同士を、同じ飼育場所で管理する方法のこと。他の動物種の存在に刺激され、行動がどのように変化するかは生息地におけるそれぞれの種の活動場所や種間の関係性によって異なります。たとえば、ゲルディモンキーとピグミーマーモセットはどちらも南米に生息する樹上性のサルですが、生態的ニッチが分散しているため、同居させた場合に干渉はするものの棲み分けが生じます。一方、野生環境ではうまく関係を築いている種同士であっても、飼育環境が適切でなければお互いの存在が刺激となり闘争や攻撃が生じたり、感染症などを引き起こす可能性もあるため、種の組み合わせ以外に飼育空間の面積や複雑性、個体数密度などを見極める必要があります。

Scroll to top