消防ホースを使った給餌

  • 採食エンリッチメント
  • アフリカゾウ Loxodonta africana
  • 名古屋市東山動植物園
  • 目的 : 採食機会を増やし、ゾウのエサを探す時間を延ばしたり、探査方法を多様にするため

 

消防ホースを使ったゾウの給餌方法について紹介します。

まず、片側をボルトで固定した、長さ約30㎝の消防ホースを用意します。

 

その中に、ヘイキューブをめいっぱい詰めます。

そして、これらのホースを放飼場のいたるところに置きます。

石柱の上や、モートのくぼみにも・・・

 

ゾウはホースを見つけると、鼻で振り回し体に叩きつけてキューブを取り出します。

少なくなってくると、 前足でホースを踏んで中にキューブが残っているか確かめるような行動も見られます。

  

この給餌は、解放時、午前中、お昼、午後の約4回、毎日行なわれています。

(小山)

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。