消防ホースでダイナミックな動きを:宮崎市フェニックス自然動物園チンパンジー舎の取り組み③

  • 物理エンリッチメント、採食エンリッチメント
  • 種名:チンパンジー(Pan troglodytes)、オランウータン(Pongo pygmaeus)
  • 場所:宮崎市フェニックス自然動物園
  • 目的:活動量を増やす、採食時間を増やす、日かげを増やす

第三回:消防ホースでダイナミックな動きを!:日よけエクササイズ

 

前回までに、チンパンジーが認知能力を使いながら、食べる時間を延ばすことができる工夫を紹介してきました!しかし、野生のチンパンジーは食べている時間だけでなく、食べ物を探したりするために移動する時間も長いことが知られています。移動に費やされる時間は、野生生息地ごとに異なりはしますが、平均して8-20%程度はあるようです(たとえば、Pruetz and McGrew, 2001など)。

フェニックス自然動物園三回シリーズの最終回では、チンパンジーの採食時間を延ばしながら、さらにダイナミックな移動の行動を観察することができる、消防ホースを用いたエンリッチメントを紹介します。

 

消防ホースを展示場上部の目に編み込むように取り付けます。

動物が引っ張るとたわんでしまうので、かなりきつめに張ってボルトで固定しています。

上に食べ物を投げておくことで、チンパンジーがぶら下がりながら食べ物をとることができます。大きな食べ物であれば、取りづらいので時間がよりかかります。

食べ物は投げるだけでよいので、1日の作業の中で無理なく何度も設置することが可能です。

さらに、こちらは夏になると、日除けにもなるので、移動・採食・日除けに役立つということで一石三鳥というところでしょうか。

 

また、こちらはチンパンジーだけでなく、オランウータンでも同じような行動を引き出すことに成功しているようです。

フェニックス自然動物園の環境エンリッチメントを三回シリーズでお届けしましたが、他にも安価で手間のかからないさまざまなエンリッチメントを動物園ではおこなっています。訪れた際にはぜひこんなところにも着目してみてください!

 

(郡 健一郎・山梨 裕美)

郡 健一郎:宮崎市フェニックス自然動物園でチンパンジーなどの飼育に携わる。フェニックス動物園の動物園だよりなどでも、エンリッチメントの内容を紹介している。http://www.miyazaki-city-zoo.jp/list/index.html

宮崎市フェニックス自然動物園HP:http://www.miyazaki-city-zoo.jp/

 

参考文献

J.D.E. Pruetz, W.C. McGrew, What does a chimpanzee need? Using natural behavior to guide the care and management of captive populations. In: L. Brent, (Ed.), Care and Management of Captive Chimpanzees., American Society of Primatologists, San Antonio, 2001, pp. 16-37.

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。